REKROW HIROSHIMA2021-10-16T15:15:31+09:00

ABOUT

ものづくりの産地から始まる
新しいサーキュラーエコノミー

ものづくりの産地から始まる
新しいサーキュラーエコノミー

日本では、年間約100万トンもの衣料品が廃棄され続けています。
近年、環境負荷を考慮したファッションへのサステナブルな取り組みは急速に拡がっており、
退蔵衣服の見直し、ゼロウェイスト、適量生産、衣類ロスの削減など取り組む課題は多くあります。
「REKROW(リクロー)」は繊維産地の発展のため、ワークウエアの生産から着用、廃棄に至るプロセスにおいて、将来にわたり持続可能な産地型サーキュラーエコノミーを実現するプラットフォームを目指します。

日本では、年間約100万トンもの衣料品が廃棄され続けています。
近年、環境負荷を考慮したファッションへのサステナブルな取り組みは急速に拡がっており、退蔵衣服の見直し、ゼロウェイスト、適量生産、衣類ロスの削減など取り組む課題は多くあります。
「REKROW(リクロー)」は繊維産地の発展のため、ワークウエアの生産から着用、廃棄に至るプロセスにおいて、将来にわたり持続可能な産地型サーキュラーエコノミーを実現するプラットフォームを目指します。

2020 年、広島県福山市で立ち上がったリクローは、従来、役目を終えれば使い捨てられていたワークウエアを見直し、作り方や捨て方、その先の使い方まで想定した新しいものづくりのプロジェクトです。リクローは、2013年に広島県尾道市で始まった「尾道デニムプロジェクト」のワークウエア版とも言える取り組みです。「WORKER」をひっくりかえしたネーミングには、サーキュラーエコノミーの循環への昇華という意味を込めました。素材が持つ経年変化による魅力的な表情や愛着、そして、次の世代に産地のものづくりをつなげていく試みです。ここ広島県福山市から、ワークウエアを代表とする地域のものづくりを、サーキュラーエコノミーを通じてアップデートする取り組みが始まります。

持続可能な繊維産業にアップデート

Misson

ワークウエアを通じて、
持続可能な繊維産業にアップデート。
1. 「かっこいい」「働きたい」と思えるワークウエアの開発
2. 着用済みのワークウエアをさまざまな商品に生まれ変わらせる
3. 繊維産地のものづくりの技術を次世代に継承する

Vision

新しいワークウエアの開発と使用後のワークウエアの活用で、
地域のものづくりの技術力、企画力を伸ばしながら、
縮小傾向にある繊維産業に新たなビジネス、雇用を生み出す。

Value

きっかけは、使い古されたワークウエアのかっこよさ。
古いから捨てるではなく、そこに価値を見出すことが、
循環型社会につながる第一歩となる。

産地だからできる
「循環型ものづくり」のプラットフォーム

福山市には、戦後の繊維産業を支えてきた多くの企業があります。
長年、ものづくりの一線で活躍してきた企業の経験と知見を活用することで、
これまでにないワークウエアづくりが可能です。
リクローは、着ることで「かっこいい」「働きたい」と思えるような、
ワークウエアの新たな価値創出に取り組んでいます。

分業化が生んだ技術力を背景に「循環型ものづくりの」プラットフォームを実現する

分業化が生んだ技術力を背景に
「循環型ものづくりの」プラットフォームを実現する

広島県福山市は古くから繊維産業が盛んな街として知られ、今も、さまざまなジャンルの衣料品の生産拠点となっています。
福山市の繊維産業は、その発展とともに分業化が進んできました。各企業が専門分野に特化して技術を追求してきたことで、高い技術力を育み、ノウハウも蓄積されています。リクローの協力企業には37社(2021年8月現在)が名を連ねています。
リクローは産地が有するものづくりの知見とネットワークを活かして、さまざまな業種、企業とのワークウエア開発をしています。繊維の産地だから実現できる新しい「循環型ものづくり」のプラットフォームを目指しています。

REKROWから生まれる
3つのコミュニケーション

1.ワークウエアが伝えるものづくり

ワークウエアを通じた情報発信が、その企業やものづくりの魅力を伝え、企業のブランディングやプロモーションにつながります。広く情報発信することで、その企業で働く人々自身が知るきっかけが生まれ、働くことのモチベーションが高まります。

2.ワークウエアでつなぐサステナビリティー

どのようにワークウエアが作られ、どのように再生していくか。ワークウエアというものづくりのサイクルを知る機会を創出することで、サステナビリティーの輪が広がっていきます。SDGsに関する、社内向けのラーニングプログラムなどを提供します。

3.ワークウエアが織りなす企業活動の輪

ワークウエアをテーマに、地域に暮らす人々やステークホルダーの方々が参加できるプログラムを実施することで、企業と人々との接点を作ります。トークイベントやPOP UP、プロダクト開発を通じて、多くの人々に、企業活動への理解を促します。

プロダクト開発でつなぐ
ワークウエアの新たな循環

リクローは、国内外のクリエイティブなネットワークを活用し、
バッグや財布といった雑貨や、ソファやテーブルといった家具など、さまざまなプロダクトを開発し、
商品開発から情報発信まで新しい循環を生み出すサポートを行っています。
使い終えたワークウエアを再利用することで、また新たな循環が生まれます。

NEWS

PRODUCT

coming soon ...

PARTNERS

coming soon ...

REKROW TALKS

EDUCATIONAL PROGRAMS

REKROWでは、繊維産地の次の担い手につなげていくため、教育機関や縫製スクールなどと連携を行っています。

REKROWが活動の拠点とする福山市北部は、江戸時代初期の綿花栽培の奨励からはじまり、江戸末期の備後絣の生産で綿織物業は発展し、日本三大絣(久留米・伊予・備後)と呼ばれるまで大きく発展し、この土地の産業として根付きました。時代は流れ、絣の生産はデニムに移り変わり、現在では日本製デニム生地生産シェア70%を誇り、そしてワークウェアメーカーが多く拠点を置く繊維産地の町となっています。これからも繊維業の町として日本の繊維ものづくり地域として次の担い手に技術をつなげていくため、REKROWは教育機関との連携を積極的に行なっています。
 
 
 
文化服装学院 カリキュラムへの導入
 
・企画:ファッション工科専門課程インダストリアルマーチャンダイジング科
・制作:ファッション工科専門課程インダストリアルマーチャンダイジング科、 ファッション工芸専門課程バッグデザイン科
・販売:246st Market /“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトにしたPOP UP型イベントへの出店
・繊維産地見学
 

 
 
 
HITOTOITO[繊維産地継承プロジェクト委員会]
 
デニムパンツを作る上での専門的な縫製技術等を1カ月間で学ぶカリキュラムを開校。工業用ミシンを使ったプロによる実技指導によるデニム制作、専門知識が学べる座学や工場見学などでつくり手の方と出会い話し、実技だけではなく、繊維業全般について学べるスクールです。
 

 

 
 
 

 

2021-10-24 [note]LOCAL WEAR TOURISM in FUKUYAMA|Snow Peak * REKROW Copyright 2021 - REKROW All Rights Reserved
Go to Top