About editor-kanri

この作成者は詳細を入力していません
So far editor-kanri has created 22 blog entries.

[Archives]REKROW TALKS #02

物語を広げる、デニムのかたち。 2回目を向かえたREKROW TALKS、 今回のテーマは「RIPPLE EFFECT」波紋を広げる。 この地域で展開する、REKROWとONOMICHI DENIM PROJECTがもつ広がりの可能性、どんな波紋を思い描いているのか、文化服装学院の花田浩朝さんと、WWD JAPANで活躍される廣田悠子さんとREKROWの3者で展開しました。 配信ではご覧いただけなかった、生徒さんの表情や共に行った会場づくりなどの様子を[note]でご紹介しています。新しい未来のつくり手への波紋が会場で生まれました。 [Archives] 動画アーカイブスはこちら https://rekrow-hiroshima.com/2021/07/05/talks02/ [...]

2021-07-29T12:14:52+09:002021-07-29|

[掲載情報]AXIS vol.212 / uni:forms ニューノーマルをまとう

REKROWの取り組みを、AXIS vol.212 (2021年7月1日発売号)でご紹介いただきました。 第一弾ワークウェア開発の事例を元に、REKROWが目指すビジョンや、我々の活動の原点となるONOMICHI DENIM PROJECTで得た人の魅力、そしてワーカーが作りだすワークウェアの痕跡は、リアルな時間の経過と人の情熱を生地に写しています。 技術力の高い日本の繊維業が未来に続き、新たな形へとシフトしていく。 この一連のサークルを福山市新市町で作り、大きな輪に広がっていくことを願っています。 AXIS vol.212 [...]

2021-07-01T21:35:54+09:002021-07-01|

「REKROW TALKS #02」6/26sat @online

産地型サーキュラーエコノミープロジェクト「REKROW」では、産地のものづくりを広く発信するとともに、産地発循環型経済の可能性について様々な分野の方々と対話をしていくトークイベント「REKROW TALKS」を開催しています。 REKROW TALKS ♯02 のテーマは「RIPPLE EFFECT(波紋を広げる)」 REKROW TALKS #02では、約15年間に渡りサスティナブルの記者として業界の動向を伝え課題に向き合い、さらに現在もなお活躍の場を広げておられる、サスティナビリティ [...]

2021-06-23T22:45:37+09:002021-06-10|

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA×REKROW

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA×REKROW REKROWプロジェクトの作品展示 REKROWは、ANCHOR HOTEL FUKUYAMAのホテルエントランスおよびCAFE&BARエリアにプロジェクトを紹介する作品展示を開始いたしました。 ANCHOR HOTELは、2018年の開業からこれまで、地域のものづくりの魅力発信に力を入れ、インテリアや体験型宿泊プランを通して国内外のお客さまに地域の魅力を伝えてこられました。この度、REKROWの取り組みに共感いただき、始まったばかりのこのプロジェクトを伝える場をご提供いただきました。 客室ベッドスロー、ピローケースや館内着など、お客さまが手に触れ、この土地のものづくりを感じるデニム生地のファブリック製品の開発をANCHOR [...]

2021-06-03T16:07:44+09:002021-06-01|

[note]NEW CIRCULAR DESIGN DEBUTS FROM HIROSHIMA

REKROWは、製品であり、経済であり、そして新しい文化。 始まったばかりのプロジェクトには挑戦と発見、そして無限の可能性があります。 REKROWが産地をめぐり、新たな可能性を見出す日々をnoteでご紹介しています。 note: https://note.com/rekrow_hiroshima 日々の身近な小さな循環がやがて大きな循環につながる。 ぜひ、この取り組みを、たくさんの方に知っていただきたく活動をレポートしています。 ぜひご覧ください。 note Id: [...]

2021-05-16T15:59:04+09:002021-05-15|

トークイベント「REKROW TALKS #01」会場観覧者エントリー開始

産地型サーキュラーエコノミープロジェクト「REKROW」では、産地のものづくりを広く発信するとともに、産地発循環型経済の可能性について様々な分野の方々と対話をしていくトークイベント「REKROW TALKS」をスタートします。 REKROW TALKS #01の会場観覧者のエントリーを開始いたします。 ぜひこの機会にREKROWに触れてみてください。 ■REKROW TALKS #01 遠山正道さん×貝原 良治さん [...]

2021-05-16T15:59:22+09:002021-04-04|

産地型サーキュラーエコノミープロジェクト「REKROW」 株式会社スマイルズ代表取締役社長 遠山正道氏 がアドバイザーに就任

産地型サーキュラーエコノミープロジェクト「REKROW」のプロジェクトアドバイザーに、食べるスープのスープ専門店「Soup Stock Tokyo」、セレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」など数々のブランドや事業を生み出し、手掛けてきた株式会社スマイルズ 代表取締役社長 遠山正道氏が就任いたしました。 今回のアドバイザー就任により、既成概念や業界の枠にとらわれない発想で、ビジネスにおいて多大な功績を残す遠山氏のアドバイスのもと、商品開発、販売、ワークウエア製作からアップサイクルするまでの新たな循環を作り出す仕組みづくりなど、産地型サーキュレーターエコノミープロジェクトの持続可能な設計を図ります。 また、REKROWではプロジェクトの活動や繊維産地の取り組みをお伝えし、未来に視点をおいたトークイベント「REKROW TALKS」を開始いたします。第一回のゲストには、遠山正道氏と広島県福山市で1893年に創業し、日本はもとより海外からもその実績を高く評価される「カイハラデニム」のカイハラ株式会社代表取締役会長 [...]

2021-05-16T16:00:33+09:002021-03-26|

役目を果たした作業服が生まれ変わる 産地型サーキュラーエコノミープロジェクト「REKROW」発足

モノづくりの現場で着用され、その役目を終えたユニフォームを再利用した素材を制作し、 新たな製品として生まれ変わらせる「REKROW」プロジェクトを発足します。 本プロジェクトの企画第一弾では、造船会社のスタッフが約 2 年間着用したデニムのユニフォームを起用。船づくりを担う現場を支えた約1800着の使用後ユニフォームをREKROWが引き取り、新たな価値・魅力を創出し製品に再生していきます。 自社開発はもとより、他社との共同開発や国内外で活躍するアーティスト・専門家らと協業し、 REKROWの魅力を高め伝え残していくことが、本プロジェクトのミッションです。 これまでに得られた様々なノウハウや技術、知見を活かし、ものづくりの産地発「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」を実践していきます。 役目を果たしたワークウエアは、廃棄されるのが一般的です。捨てるはずのものを新たな製品へ再生することで、環境負荷の軽減を目指します。またさらに、REKROWのものづくりを通して産地全体を巻き込み、持続可能な商品づくりの仕組みを生み出します。繊維産地からの挑戦です。   [...]

2021-05-16T16:00:01+09:002020-11-25|
Go to Top